ひげ脱毛後 皮膚 赤み


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛後に生じた皮膚の赤みへの対処法

ひげを脱毛した後、その箇所にぽつぽつと赤みが残ることがあります。

大抵はサロンに対処法を聞いて、しばらくの間ケアを行っていれば赤みは引いていきます。

しかし、人によってはなかなか赤みが引かず、長い間斑点が残っている場合があります。
これは毛炎(もうのうえん)と言って、ひげが生えてくる穴の炎症による赤みです。

こうなると、サロンにも相談しつつ、自分なりに対処していく必要が出てきます。

最もメジャーな対処法は、ステロイド系の軟膏をしばらく塗り続けるという方法です。

サロンで相談すると、まずはこのステロイド系の軟膏を提案されることが多いですので、基本的には指定された軟膏を塗って治療に専念してください。

かゆみを伴う場合は、軟膏と同時にかゆみ止めも塗っておいた方が良いですね。

その辺りも併せて、施術したサロンに相談してみましょう。

逆に、適当な市販の軟膏やかゆみ止めを勝手に使うのは避けた方が良いです。

もしも相性の悪い薬品を使ってしまうと、皮膚の赤みや炎症が悪化してしまう可能性があるからです。

指定された軟膏を塗ったのに、かえってかゆくなったとか、かぶれてきたという場合はすぐにサロンに相談しましょう。

相性の良い軟膏を使っていれば、炎症が治まってそのうち必ず赤みが引いていきますので安心してください。

男性のひげ脱毛については、服や化粧で治療後を隠すことが難しいということが悩みの種の1つになります。

焦らずじっくり、自分に合った薬を見つけてケアしていくことが、皮膚の赤みへの一番の対処になりますね。

ここで最後に重要なことを1つ。

単に皮膚が赤くなってしまったというケースであればこの対処法で問題ありません。

ですが、皮膚が水膨れになって、その後が赤くなっている場合や、ヒリヒリと痛みが続く場合は注意が必要です。

この場合は、毛嚢炎ではなく、皮膚が火傷を負っている可能性があります。

火傷は単に軟膏を塗っているだけでは治りません。

適切な治療が必要です。

なので、施術後に火傷になってしまった場合は、すぐに専門の医師に相談して適切な処置を受けるようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.