ひげ脱毛 毛嚢炎


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛で毛嚢炎(もうのうえん)になることはあるの?

ひげ脱毛の刺激によって皮膚の病気になるのではという不安を持っている人もいますよね。

皮膚の病気にはいくつかありますが、中でも身近で、脱毛後にかかりやすいのが毛嚢炎(もうのうえん)です。

実際にひげ脱毛後に毛嚢炎を発症した人もいて、クリニックやサロンによっては事前説明をするところもあるようです。

そもそも毛嚢炎って何?ニキビではないの?

毛嚢炎とは毛穴の奥で毛根をつつんでいる毛包にブドウ球菌が感染して起こる、見た目はニキビのような皮膚の病気です。

ぶつぶつと赤い丘疹ができそこには膿が溜まっていて、まわりに赤みが出ます。

かゆみや痛みはほとんどないのですが、稀に「かゆい」「痛い」と感じる人もいるようです。

特にひげ脱毛の部位は口の周りで痛みを感じやすい為に、毛嚢炎でも痒みや痛みを訴える人がいます。

一般的には首の後ろや太もも、お尻などにできることが多い皮膚の病気です。

しかし、身体のたるところにできる可能性がある病気ですから、当然ひげ脱毛をした後の皮膚にできる可能性もあるのです。

毛嚢炎は毛包部にごく軽い傷が付いたり、皮膚の湿った状態が続いて皮膚表面で細菌が増えやすい状態になることでかかりやすくなると言われる皮膚病です。

毛包部というごく浅い部分にだけ感染する病気ですから、特に皮膚深部まで影響するような重大な病気ではありません。

しかし、あまりニキビのできないような皮膚の強い体質の人でもきっかけによってはかかる可能性があるので、急にできものが1個ないし数個できるとびっくりしてしまいますね。

ひげ脱毛期間中は極力こういった皮膚病にはかかりたくないものです。

毛嚢炎のリスクは医療レーザー脱毛で高くなる

実はひげ脱毛の施術方法によっては毛嚢炎にかかりやすい方法があります。

それが医療レーザー脱毛です。

サロンで行われるフラッシュ脱毛でもごく稀に発症する場合がありますが、医療クリニックの医療レーザー脱毛のほうがリスクは高くなります。

ちなみにニードル脱毛では、脱毛後の皮膚を不清潔にする不完全処置で毛の一部が皮膚内に残るトラブルがない場合はあまり起こりません。

なぜ医療レーザー脱毛で最も毛嚢炎のリスクが高くなるかというと、理由はその発生過程にあります。

毛嚢炎の原因は毛包にごく軽い傷がついた場合ですが、毛包部へ傷を負わせるほどとなると光を使った医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛ではかなり出力が高くなければできないことです。

医療レーザー脱毛のほうがフラッシュ脱毛よりも出力が強い為、フラッシュ脱毛よりも発症リスクが高まります。

予防の為には皮膚を清潔に保つのがポイント!

ひげ脱毛範囲が不清潔であればあるほど、毛嚢炎発症のリスクは高まります。

脱毛前後は特に気を付けて洗顔や保湿ケアを行いましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.