ひげ脱毛跡の肌トラブル


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛跡の肌トラブルの可能性

ブラジリアンワックスとひげ脱毛

便利なひげ脱毛ですが、やはり心配なのが肌トラブルです。

光やレーザー、電気を流すのですから、施術した後の肌への影響が心配です。

ひげ脱毛跡が残って目立ってしまうのでは?と心配する人もいるでしょう。

ここではひげ脱毛後の肌への影響について考えてみましょう。

色素沈着が残る可能性あり

肌に対してとても優しい技術が開発されていますが、それでもひげ脱毛後に跡が残ってしまう恐れはあります。

特に心配なのが色素沈着です。

色素沈着とは生成されたメラニン色素が排出されず、沈着してしまうことを指します。

肌は刺激を受けるとメラニン色素を生成されるのですが、ターンオーバーによって通常は排出されます。

しかし受ける刺激が強過ぎるとメラニンの生成量も多過ぎてしまい沈着しやすくなります。

まれにひげ脱毛後に色素沈着を起こしてしまう人もいます。

ひげ剃りの跡を消せると思ったのに、脱毛跡が残ってしまっては困りますよね。

脱毛跡が残ってしまう恐れのある行動

ひげ脱毛後の跡が残ってしまうのは、施術を受ける側の行動が原因であることが多いです。

・紫外線

・摩擦

・薬品

・その他外的刺激

脱毛施術だけだとその後のスキンケアをしっかりとしていれば、ほとんど色素沈着は起こりません。

しかし肌が落ち着かないうちに上記の刺激を与えてしまうことによって、色素沈着のリスクはより高くなります。

脱毛サロンでも施術後の注意点として、ちゃんと外的刺激について説明しています。

でもうっかりその注意点を破ってしまい、肌に跡が残ってしまうのです。

日焼けはもちろん、乱暴な洗顔もいけません。

しっかりと肌を守り、色素沈着を防ぎましょう。

パッチテストを受けてみよう

肌質によっても色素沈着を起こしやすいケースというものがあります。

外的刺激に弱くすぐ真っ赤に炎症を起こしてしまう肌は、比較的跡になりやすいと考えていいでしょう。

自分の肌はひげ脱毛に耐えられる状態なのかを知りたいなら、パッチテストを受けてみましょう。

パッチテストとは目立たない部分で実際に脱毛をほんの少し受けてみて、様子を見る方法です。

パッチテストで肌が真っ赤に腫れあがるようなら、別の技術を試すかひげ脱毛自体を諦めざるを得ません。

テストショット、お試し脱毛などサロンやクリニックでも様々な呼び方でひげ脱毛のお試しができます。

まずは無料カウンセリング時に肌への影響が心配と告げ、パッチテストをしてもらうようにお願いしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.