青ひげと脱毛


main_top
今すぐチェック

青ひげと脱毛の関係

肌の弱い人はクリニックでのひげ脱毛が安心!

毎日丁寧にひげを剃っているのに、周囲からはひげの人という印象を持たれてしまう…

そんな風に悩んでいませんか?

剃っても剃っても青く残ってしまうひげ跡は自己処理で解決できないのですが、いったいどうしてこのように目立ってしまうのでしょうか。

剃ってもひげが目立ってしまう理由

剃ってもひげ跡が目だってしまうのは、理由があります。

まず、顔の皮膚はとても薄いという点が影響しています。

そのため、皮膚の極めて表面に近い部分が透けて見えてしまうことがあるのです。

目の下のクマも同じことが言えます。

ひげの場合、黒々とした根元近くの毛がうっすらと肌から透けて見えるため、青くなって見えるのです。

いくら丁寧に剃ったところで皮膚の中の毛は取り除くことができないので、ひげ跡が目立ってしまいます。

・毛が黒い

・毛が密集して生えている

・肌の色が白い

この3つの条件が合わさっていると余計に青ひげになりやすいです。

例えば金髪の欧米人だとひげが濃くても、剃った時には青くならないですよね。

それは皮膚から透けて見える毛に黒々とした色素がないからです。

欧米人よりもひげが薄くても、剃った跡が目立ちやすいのが日本人なのです。

対処する前には自分のひげがなぜ剃っても目立ってしまうのか、その原因を考えてみるといいでしょう。

青ひげには脱毛しかない

青ひげの原因が分かれば、対処法が分かるはずです。

ワックス脱毛や毛抜きなら毛根から抜くことができるし、青ひげ対策できるのでは?ト思いがちですね。

確かに毛根が原因であればワックスや毛抜きで処理することにより、青ひげは解決するはずです。

でもワックス脱毛や毛抜きは効果が長続きしないだけではなく、肌荒れをしてしまうリスクがあります。

皮膚が薄い顔がワックス脱毛の粘着力に耐えられるのでしょうか。

毛が引っ張られるときには皮膚も引っ張られてしまうので、内出血を起こしてしまうこともあります。

また、毛抜きによる処理はばい菌が毛穴から入りやすくなり、毛包炎やその他肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。

顔は他人から最も見られやすい場所なので、肌荒れしてしまうと目立ってしまいます。

ひげの濃い人は既に長年のシェービングによるダメージが蓄積され、肌がガサガサになったり黒ずみが起きたりします。

そんな人にはやはりひげ脱毛がいいのです。

ひげの人というイメージか脱却したい!

人からの印象を気にするのであれば自己処理ではなく、ひげ脱毛を選びましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.