カミソリを使った自己処理に満足しない男性の中に、テープを用いた脱毛を試みる人がいるかもしれません。

このテープ脱毛は確かに即効性があり一時的な効果は期待できます。

しかしテープ脱毛自体には多くのデメリットが存在するため、あまりオススメはできません。

・自己処理以上に肌を傷つけやすい!

まずデメリットの1つ目が、自己処理よりも肌を傷つけやすいという事です。

カミソリを使った自己処理は、確かに肌に多少なりのダメージを負わせます。

ですがムダ毛の生え方に沿って行う等、ある程度の知識があると肌へのダメージを最小限に食い止める事が可能です。

一方のテープ脱毛はムダ毛の生え方に関係なく無理やりムダ毛を取り除きます。

そのため毛根自体を取り去ったり一部のムダ毛だけを取り去ったりと、仕上がりもバラバラで効果が期待できません。

またその際に強い痛みが肌に走り、結果として肌荒れを起こす事も考えられます。

こうした理由でテープ脱毛は危険を伴い、あまりオススメできないわけですね。

・必要な皮脂も取り除かれる!

男性は女性と比べ、皮脂の分泌が多い事が知られています。

この皮脂は肌にとってある程度必要となってくるわけですが、テープ脱毛は皮脂を取り除く危険性が大いにあるわけです。

すると肌は「皮脂が足りなくなった!」と判断し、必要以上に皮脂を分泌するようになります。

こうなれば肌全体がベトベトした肌触りとなるため、結果として肌のコンディションを前より悪くしてしまう事になるわけです。

皮脂の多い肌は女性に距離を置かれる原因となります。

だからこそ出来る対策としてテープ脱毛は避けた方が無難です。

・シワの原因になる!

テープ脱毛のように一瞬でムダ毛を取り除く行為は、長い目で見て肌の張りを劣化させます。

すると将来的にシワの原因となるため、キレイな肌を維持するならむやみやたらのテープ脱毛は控えた方が良いでしょう。

・痛みに鈍くなる!

テープ脱毛を繰り返していくと、最終的に肌が痛みに慣れてしまいます。

これは聞こえが良いように感じますが、実は痛みに鈍くなる事は危険そのものです。

というのも痛みは元々体に危険を知らせる信号となるため、その痛みに鈍くなる事は体の危険サインに気づきにくくなる事を意味します。

つまり体が危険な状態にある時、その信号を痛みとしてキャッチできなくなるため、繰り返しテープ脱毛を行う事は避けた方が無難です。

こうしたデメリットがテープ脱毛には見られるため、テープ脱毛を行う男性はデメリットをしっかり意識してみましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.