ひげ脱毛 冬 注意点


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛中に冬が来てしまった場合の注意点

ひげ脱毛中に冬突入!気をつけることは?

ひげ脱毛にかかる期間は長く、1年から2年費やすこともあります。

脱毛中に一通り四季を経験するわけですが、紫外線の強い夏だけではなく冬も気をつけなくてはいけないことがあります。

では、ひげ脱毛中に冬に突入したらどうしたらいいのでしょうか。

冬は乾燥が大敵!

冬のひげ脱毛を順調に進めさせるには、保湿が大事です。

冬は空気が乾燥していて、肌もカサカサになりがちです。

水分が少ない肌はちょうど干からびた地面のようで、角質がめくれあがってカサカサしてしまいます。

そんな状態でひげ剃りをしてしまっては刃に角質が引っ掛かってしまい、肌を傷つけやすくなります。

脱毛も光を照射するときに肌に刺激を与えてしまうのですが、乾燥した状態だとダメージが強くなってしまうのです。

男性は女性に比べると比較的肌の乾燥に無頓着なことが多いのですが、ひげ脱毛中は常に水分を保てるように保湿をしておきましょう。

洗顔後や入浴後はもちろん、保湿クリームを携帯しておいて肌の乾燥が気になるときにこまめに塗ったほうがいいですよ。

肌のてかりが気になるという人はかくれ乾燥のせいで皮脂が出過ぎている可能性もあります。

油分が気になるなら、軽いつけ心地のローションタイプを使用してもいいでしょう。

男性用の保湿剤もたくさん販売されているので、特に抵抗感を持つ必要はありません。

小物使いも便利!

クリームでしっかり保湿するのも大事ですが、乾燥した空気に肌を晒しすぎないのも大事です。

バイクや自転車に乗る人は吹きさらしの乾燥した風を、ダイレクトに顔で受けることとなります。

そんな乾燥した空気から肌を守るには、マスクやネックウォーマーがオススメです。

マスクやネックウォーマーであれば顔半分を乾燥した空気から守ることができますね。

洗顔方法も注意して

肌の水分が失われやすいのは、お風呂や洗顔時です。

寒いからといって熱いお湯で顔を洗ってしまうと、皮脂が余分にとれてしまって肌がカサカサしてしまいます。

とはいえ、寒さのきつい冬に冷たい水で顔を洗うことはできません。

なるべく熱すぎないぬるま湯で顔を洗うようにしましょう。

皮脂を取ろうとするあまり石鹸でゴシゴシしてしまう人も多いですが、この行為も肌の乾燥にはよくありません。

洗浄力の強すぎる石鹸もNGですし、何度も洗いすぎるのもダメです。

できれば専用の洗顔フォームを使用し、優しく洗うのがいいですね。

ひげ脱毛は特に肌が敏感になりがちなので、いつもより少し気をつける必要があります。

洗顔後はしっかりと保湿しておけば、厳しい冬も安心して過ごせますね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.