ひげ脱毛中 カミソリ負


main_top
今すぐチェック

ひげ脱毛中にカミソリ負けを起こさないために

ひげ脱毛中はカミソリ負けにどう対応する

カミソリ負けで悩む男性は非常に多いですよね。

そんな男性でも脱毛をすればひげ剃りの必要がなくなり、悩みが解決します。

しかし脱毛中のひげ剃りはどうしたらいいのか、その難関の乗り越え方を考えてみましょう。

剃らない訳にはいかないジレンマ

一番いい方法は、剃らないこと!

そうすればカミソリの刺激から肌を守ることができ、ひげ脱毛に集中することができます。

しかし、その方法は多くの男性が実践できないでしょう。

ひげを剃らなければ伸びてしまい、非常に不潔な印象を与えてしまいます。

営業職の人だとよりひげを伸ばすのが難しいはずです。

そのため、肌の刺激を我慢しつつひげ剃りをしているのです。

肌が荒れればもちろんひげ脱毛にも響き、施術ができなくなる可能性もあります。

ひげ脱毛直後は肌への刺激も心配なので、ダブルの刺激で肌荒れが進行してしまう恐れがあります。

ひげ剃りの仕方を見直し・治療を進めて!

ひげ剃りのカミソリ負けを起こしてしまう人は、自分のひげ剃りに間違いがないかを考えてみましょう。

・カミソリの切れ味は悪くなっていないか?

・カミソリは不潔にしていないか

・肌は乾燥しがちじゃないか

・ひげ剃りをし過ぎていないか

・刃を押し付けていないか

・アレルギーが起こりやすい材質をつかっていないか

カミソリ負けの原因の多くは、肌の乾燥や刃の切れ味の悪さ、もしくは衛生面が悪いことにあります。

乾燥しがちな人は肌に潤いをしっかりと与えておいて、剃る前には蒸しタオルパックをしておくといいでしょう。

それからアレルギーが原因の場合だと、ひげ剃りの刃の材質を変えると軽減することがあります。

金属アレルギーかもと思う人は、チタンコートのカミソリやシェーバーを試してみるといいでしょう。

また、あまりにも肌荒れがひどい人は、皮膚科に通って塗り薬などを処方してもらって下さい。

まずは炎症を抑えてからひげ脱毛に取り掛かるのが大事ですよ。

ひげ脱毛するなら入念なスケジュールを組んで!

ひげ脱毛をすると決めたら、入念なスケジュールを組まなくてはいけません。

肌荒れがひどい場合は治療期間を経てから脱毛予約を入れる必要があります。

それから大1回目の脱毛予約ですが、連休の前が理想的です。

ひげ脱毛も最初の施術が一番刺激を感じやすく、肌も赤くなりがちです。

そんなときにはひげ剃りもしない方がいいので、休みの前だと安心ですね。

さらに数日はマスクで隠して過ごすと、施術後の肌をゆっくりと休ませることができます。

このようにできるだけスケジュールを工夫して、万全の状態でひげ脱毛をしたいものですね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.