クリニック ひげ脱毛 痛み対策


main_top
今すぐチェック

クリニックのひげ脱毛痛み対策事情を見る

クリニックのひげ脱毛痛み対策事情をチェックして

どうしてもひげ脱毛はある程度痛みがついてきます。

ひげ脱毛ができるのは脱毛サロンだけではなく、クリニックもあります。

医療機関ならではの痛み対策について調べてみました。

麻酔ができるのは医療機関ならでは!

美容外科、美容皮膚科、そして一般皮膚科など。

○○クリニックなどという名称が多いですが、医療機関でもひげ脱毛をしてくれるところが増えてきましたね。

痛みに敏感な場所の施術になるので痛み対策は必須ですが、医療機関では麻酔を施すことができます。

麻酔といっても外科手術のときのような痛い注射をするわけではないので、ご安心ください。

脱毛クリニックでは主に麻酔クリームを使用します。

麻酔作用のある成分を含んだクリームを肌に塗り、表面の痛みの感覚を麻痺させておいてから施術をするのです。

また、最近では笑気ガスと呼ばれるガス注入式の麻酔を行うクリニックもあります。

笑気ガスは歯科治療でも導入されている方法で、痛みも何も感じずただガスを吸い込むだけで痛みを感じなくさせてくれるのです。

痛みに弱いという人は、クリニックによってどんな麻酔を取り入れているのかチェックするのもいいでしょう。

脱毛サロンと比較

ところでひげ脱毛が痛いなら、脱毛サロンではどうやって対策を採っていたのでしょうか。

脱毛サロンは医療機関ではないので、麻酔もできませんし施術後に塗り薬を処方することもできません。

痛み対策でできるとすれば、肌を冷やすことぐらいです。

肌は冷やすと痛みを感じにくくなるんですね。

ただ冷やすだけしかできないなんて不安になりますが、脱毛サロンのフラッシュ脱毛は痛みがとても少ない技術です。

冷やすだけでも十分に対処できるんですよ。

最初から痛みの少ないフラッシュ脱毛を選ぶのか、それとも麻酔ができる医療レーザー脱毛を選ぶのか。

後悔のないように慎重に選びたいものですね。

自分でできる痛み対策はある?

クリニックで痛み止めや塗り薬を処方されていたら、忘れずに塗りましょう。

また、脱毛した後の痛み対策というよりも肌荒れ対策ですが、肌を冷やすのが効果的です。

それに保湿をしっかり行うことで肌荒れ防止にもなり、次回のひげ脱毛がスムーズにいきますよ。

普段からスキンケアを行っているとくすみも軽減するので、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の痛みも和らぎます。

効果の強い技術ほど、施術直後の軽い痛みは起きやすいものです。

肌荒れへと悪化しないように、しっかりと冷却とスキンケアを続けましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.