埋没毛は自己処理


main_top
今すぐチェック

埋没毛は自己処理が下人

ひげを剃っていると、皮膚の中で埋もれて外に出てこない毛を発見することはありませんか?

あれは埋没毛と呼ばれるものです。

皮膚で覆われているので剃るのも大変で厄介なのですが、その埋没毛がなぜ作られてしまうのか考えてみましょう。

埋没毛の原因は角質

埋没毛が外に出てこられない原因は、ズバリ角質です。

角質が覆ってしまっているために外に出てこられないのです。

本来であれば真っすぐ生えてきて毛穴から出てくるはずなのに、肝心な毛穴が角質で覆われていると埋没毛になってしまいます。

こうなると自然に出てくるのを待っても無駄なので、角質を取って無理やり外に出すしかありません。

しかし、無理に埋没毛を掘り起こそうとすると、皮膚の大事な部分に傷を作ってしまう恐れがあります。

さらに不潔な指や道具で掘り起こしてしまったために、ばい菌が入ってしまい事態はもっと悪化してしまいます。

肌に負担をかけず角質を取るには、ピーリングパックや保湿が効果的です。

自分で上手くできないという人は、フェイシャルエステなどを利用するのもいいでしょう。

自己処理のせいでひげが埋没毛に!

間違った自己処理のせいで、埋没毛が増えてしまうことがあります。

特に気を付けたいのは、毛抜きです。

ひげ剃り跡が青くて悩んでいる人は、根っこからひげを処理するために毛抜きを使うことがあります。

確かにひげを抜いた直後はいやな青さも無くなり、問題が解決したように思えるでしょう。

しかししばらくすると皮膚下の毛が伸びてきて、埋没毛となり悲惨な状況になります。

毛抜きで埋没毛が増えてしまうのは、2つ理由があります。

1つ目は毛が毛穴の途中で切れてしまい、あらぬ方向へ成長してしまうことです。

2つ目は毛穴からばい菌が入って炎症を起こし、治る段階で角質が増えてしまうことです。

ケガをしたときにカサブタができますが、やはり毛穴が炎症を起こしたときも同じような現象が怒るのです。

そのため次に成長してくるひげは出口を失い、皮膚下で渦巻いてしまうのです。

ひげ剃りでも肌が乾燥した状態で剃ったり、刃を強く押しけたりするなど間違った方法を実行していると、埋没毛が増えやすくなります。

埋没毛防止のためにひげ脱毛を

毛抜きが常習な人は、ただちに止めて電気シェーバーに切り替えて下さい。

ひげが濃すぎて電気シェーバーでも追いつかないという人は、やはり脱毛を検討しましょう。

ひげ脱毛すれば埋没毛防止にもなります。

また、現在ひげ脱毛中の人は無理のないスケジュールで角質ケアをすればより効果も出やすくなります。

保湿も忘れないようにして、埋没毛のない顔を目指しましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 福岡@ひげ脱毛ランキング! All Rights Reserved.